• 女将ブログ おかみのままに
  • スタッフブログ こめつぶ通信
  • 米屋からのお知らせ

米屋 ブログ お知らせ

おとぎの宿米屋の最新情報をお知らせするブログです。

2016年11月26日

二十四節気と作物と食のおはなし

 

綺麗な紅葉は葉が落ち、季節の変わり目を感じます。

先日には雪が降り、すっかり冬のような季節となりました。

 

さて「二十四節気と作物と食のおはなし」が

12月、1月、2月とおとぎの宿米屋にて行われます。

 

開催日: 2016年12月7日(水) / 2017年1月20日(金) / 2月17日(金)

時間: 13:30 - 15:30 (予定)

場所: おとぎの宿米屋 音戯の森(カフェ)

料金: 2,000円(税別) ※試食体験があります。

申し込み方法: お電話もしくはメール(info@e-yoneya.com)にて

講師:佐藤喜一

福島県郡山市出身。大学卒業後、食品流通会社に就職。

その後、国内海外で農業研修を経て、現在、自然栽培・自家採取に取り組む。

「けるぷ農場」代表。

 

 

二十四節気とは

夏至と冬至を「二至」で2等分

さらに春分と秋分の「二分」で4等分

それぞれの中間に立春、立夏、立秋、立冬の「四立」を入れて「八節」とし

これを約15日ずつに3等分したものが「二十四節気」とよばれております。

 

ここまでは聞いたことがある方も多いと思いますが、

「二十四節気」はとても奥が深く、

農作物、更には人間が生活を豊かにするヒントも隠されています。

 

人の呼吸と同じように太陽の流れの中で呼吸のタイミングがあり、

一日では朝に「吸」、夜に「放」。

一月では満月に向け「吸」、新月に向けては「放」。

一年では夏至に「吸」、冬至に「放」とされています。

何事も、暦の流れに合わせることによって生活をより過ごしやすくし、

農業や漁業、園芸においても非常に大きな影響をもたらします。

 

なんだかむずかしそうですが...

 

今紹介したものは、ほんのほんの一部ですが、

そんな「二十四節気」についてわかりやすく

詳しく知る事のできる講話となっております。

 

 ご参加のお問い合せ、心よりお待ちしております!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-yoneya.com/mt/mt-tb.cgi/3214