• 女将ブログ おかみのままに
  • スタッフブログ こめつぶ通信
  • 米屋からのお知らせ

米屋 こめつぶ通信

おなじみ「こめつぶ通信」がブログになりました!
季節の話題や米屋でのちょっとした出来事を、楽しくご紹介しています。
みなさまからのコメントもお待ちしております

2016年12月21日

季節のはなしをすこしだけ

 

本日12月21日は二十四節気の中の『冬至』にあたります。

 

北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなり、昼が一年中で一番短く、逆に夜が長くなります。

そのため太陽の力が一番衰える日と考えられているようです。

 

また、冬至を境に日が伸びていくので、古代には冬至が一年のはじまりとされていました。

 

『冬至』と聞いて真っ先に思い浮かぶのが「柚子」や「かぼちゃ」でしょうか。

 

柚子湯は身体を温めて、風邪知らずに。

この習慣は、冬至と湯治の語呂合せからといわれてますが、

柚子の香りや効薬で体を清める禊(みそぎ)の意味があったといいます。

冬の鍋や焼き魚によく合い、柚子胡椒はひと味きいた調味料として何かと活躍してくれます。

 

冬至には「ん」のつくものを食べると運気が上がるとか。

かぼちゃは南瓜と書いて「なんきん」ともいいます。

本来旬は夏ですが、かぼちゃは保存がきくので冬の栄養には非常に良い野菜です。

ビタミンやカロテンを多く含み、風邪等への予防に繋がります。

 

こうした昔からの生活の知恵から続く習慣は本当に貴重であり、

これからもずっと続けていきたいものですね。

 

冬至の今夜は食卓にかぼちゃ、夕食後は柚子湯はいかがでしょうか?

 

IMG_7984.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い季節ですが、健康にお気を付けてお過ごしくださいませ!

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-yoneya.com/mt/mt-tb.cgi/3220

コメントする