おとぎの宿 米屋

おとぎの宿米屋のくつろぎチェア"

チャールズ・イームズラウンジチェア & オットマン

ラウンジチェア & オットマン

イームズは、1950's ミッドセンチュリーを代表するデザイナー、チャールズ・イームズ & レイ・イームズの夫婦ユニットを指します。彼らの作品の中でも代表的なこのラウンジチェアは、映画監督ビリー・ウィルダーのためにデザインされ、その美しさ、座り心地において、まさに究極のイスとして今もなお多くの人々を魅了しつづけています。

ラウンジチェア & オットマンのあるお部屋

おとぎの里「さとの間」