• 女将ブログ おかみのままに
  • スタッフブログ こめつぶ通信
  • 米屋からのお知らせ

米屋 女将のブログ おかみのままに Okami blog

こんにちは、おとぎの宿米屋のおかみです。「おかみのままに・・・」にはお気に入りの取材日記や、
おいしいもの、気になるもの、ちょっと変な実体験などを気ままに書き綴っています。
少しでも米屋を身近に感じていただけたら嬉しいです。


自然栽培でお米作りをしていらっしゃる、宮城県の太田さんが来館しました。
米屋で使用する【亀の尾】と【ササシグレ】を届けにお越しくださいました。
お米作りと畑作りの話題で盛り上がり話が尽きませんでした^ - ^
そもそも酒米として米作りをしていた太田さんですが、酒米として知られる【亀の尾】を飯米として世に出した先駆者だったそうです。祖父からの知識を生かして今があるそうです。その【亀の尾】は香りも良く
味も良く一瞬で美味しさを感じることが出来ます。
一方【ササシグレ】もまた太田さんが初めて復活したお米だそうです。
「こちらは空気のようにいくらでも食べれちゃうのですよ〜」と太田さんが仰っていましたが、同感でした。訛りもご馳走でした^ - ^
お人柄が伺える御夫妻のツーショット!
今年、初めてのご旅行になったそうです。お役に立てたかな。。。

現在、米屋の朝ごはんでは【ササニシキ】というお米をお出ししています。こちらは地元で自然栽培で作ったものですが、糖質は【コシヒカリ】より低いためさらっとしておりついついお代わりをして食べちゃいます。
いろいろな品種のお米がありますが、昔ながらの品種のお米を頂く事にロマンを感じてしまいます。お菜も昔ながらの味噌や醤油 、お塩を使ったものが本当に美味しいと感じます。
太田さんから帰り際に素敵な言葉を頂きました。

「BIO HOTEL のBIOはおとぎたね...」
おとぎ...とは、喧騒を離れ退屈な時間をお過ごし頂くこと、そんな思いがあります。
更に、先人の知恵を頂きながら食という文化も継承するための意味だという事も加えて伝えて行こうと思いました。
image.jpeg
今年も残すところ1ヶ月半ですね。
年々、一年の経つのが早く感じております。
子供の頃は経験も浅いために、一年の経過がとても長〜く感じるそうです。
経験も豊富になると次に起こる事が予測出来ちゃうから一日が早く感じ、一年があっという間〜って事になるのでしょうね。
これからは一日一日を大切に過ごしていかなければなりませんね。

さて、おかげさまで「おとぎの宿米屋」は24周年を迎える運びとなりました。
たくさんのお客様に支えて頂き、ご教示頂き今があります。
24年前のこと、少しだけお話をしたいと思います。

1992年11月20日 米屋のオープンの日
この日は曇り後雨、どんよりとした空の下色鮮やかな風船を空に向かって飛ばしました。
ピカピカのスタッフ勢揃いでワクワク希望に満ち開業しました。
だけど肝心な予約は。。。

温泉街でもなく田んぼの真ん中に一軒宿としてスタートしたものの前途多難の日々。
それでも、頑張って頑張って営業して少しずつ宿の存在を知って頂きお客様にお越し頂けるようになりました。

当時はスタッフもたくさんいて年代も様々でした。
私も新米若女将としてわからないことだらけの日々。新聞の取材にも大きな見出しが。。。
「体当たり接客のおかみ」
もう、それはそれは恥ずかしくてね〜〜
顔写真までアップで撮られてて、「はあああ〜」ってため息。早く早く立派なおかみになりたい!!   焦っては空まわりの日々。
たくさんお客様を怒らせてしまったり、スタッフも未経験者が多くて作業が進まずでした。
全て経験を積み重ねて、様々なことを理解していく毎日でしたよ〜
だから、一日があっという間!って言うより長い一日に感じました。
経験を積んでいく毎に、本当に一日は早い!って感じますね。
始めた頃は、「ハアー、やっと終わった〜」って感じる日々でしたもの。

今はどうだろう...
新たな事に挑戦を続けてより良い環境作りに精進しなければなりません。
変わらないこともとても大切。
時代の変化は次々と快速中で、何が本当に良いことなのかわからない昨今です。
慌てないで、故郷の懐かしさ温かさ優しさを残したいこの頃です。
一日が長〜く感じる生き方をしたいですね〜^ - ^


休館日明けの本日。
フロントマンの栄司君は、ひたすら清掃に力を入れていました。
「shop 森のおへそ」の商品棚も変わっています。

排水の悪かった客室もすっかり業者さんの手で蘇りました。
また少しずつ手を入れていきます。

休館日ができたこと
お気付きのお客様もいらっしゃると思います。
予約が取れ無い...
電話がつながらない...

休館日は貴重な時間になりました。
施設のメンテナンスとスタッフのメンテナンス。
皆、まとまった休日は取れません。
勿論、サービス業なのだから理解して入社したはず。
でも、そんなに無理をさせても良い結果は生まれません、
皆の笑顔が消えてしまうもの。

だから、休館日を作りました。
どうしても「この日」に泊まりたい...って時もあるかもしれませんね。
その日が休館日かもしれません...そんな時があるかもしれ無いけどお許しくださいね。

もっともっと、お客様に喜んで頂けるライフスタイルを提案する為にも
休館日をいただきます!

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

image.jpeg


既にご存知の通り、大浴場とお部屋のシャンプーが変わりました。

オーガニックコスメの「ナオベイ」といいます。

スペイン生まれで家族で経営をしています。

だから、とても身近に色々と相談にものってくれたりします。

物作りには人が関わり、人が良いものを作り出しますね。

米屋では「ナオベイ」を選ばせて頂きました。

使い心地は、最初は正直なところ髪が軋んでビックリ!!

髪が固まった〜〜??   半信半疑でドライヤーで乾かすと

髪はサラサラになって良い感じ。

ボディーも一緒に洗えちゃう、安心なものです。

経皮からの浸透は自分ではコントロールできないですからね。

髪の軋みが気になる時は「ナオベイ」のコンディショナーをお使い下さい。

毎日使い続けて欲しいので、shop「森のおへそ」でもお買い求め頂けます。

既にとても気に入って下さってご自宅でもお使いのお客様もいらっしゃいます。

これからも人にも地球にも優しい製品を使っていこうと思います。
おかげさまで、11月20日に23歳となりました。
18日と19日には記念イベントを行い、参加して下さったお客様と一緒に
素敵なひと時を過ごす事が出来ました。

毎年、米屋の誕生日にはオープン当時の事を思い出すのです。
真新しい建物とは裏腹に、宿泊の予約は薄く毎日掃除とサービスの訓練に
明け暮れていました...。
「明日はお客様から予約が入るだろうか?」
不安な日々を過ごす。

温泉街でもなく、環境は何の特徴もない田園と里山そして
一般の住宅地。
この場所に米屋は生まれ、この度23歳となったのです。
ここを支えて下さったお客様。お取引先の業者様。一生懸命仕事をしてくれた
スタッフの皆様。本当にありがとうございます。

毎年、イベントを開催し初心に戻ります。
私はとても貴重な二日間だと思っています。
イベントでお招きするゲストは、ご縁で繋がっている方々です。
初日のコンサートを、盛り上げて下さったのは日本では唯一の温泉ビューティ
研究家であり旅の達人「石井宏子」さんです。
石井さんが監修した「ONSEN」をテーマにした音楽をショーロクラブのリーダー
「笹子重治」氏によるギター演奏と、「江藤有希」さんの素敵なヴァイオリンの音色。
お二人のデュオは初共演でした。
うっとりとする音楽はまるで「温泉」に浸るような温かく柔らかな感覚。

二日目は、米屋を愛して下さる中山先生による楽しい講話。
テーマは今話題の「ゲノムと菌」。健康の為に温泉入浴の方法を伺うことが出来て
生活環境を変えていく事を学ぶ一日となりました。

今、イベントを二日間終えてホッとすると同時に、新しい一歩を更に歩み出せた事に
感謝の気持ちでいっぱいとなりました。
これから、米屋は新たな方針を掲げ少しずつ変化もあると思います。
米屋は米屋らしく新たな発信をして参りたいと思います。
米屋を愛してくださるお客様の為にも精一杯努力して参ります。

これからも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。







先日は、☆米屋農縁☆でかぼちゃを収穫しました!

image-thumb-240x180-1546.jpg

「ふゆうまか」という品種で11月に入ると美味しく頂けると思います。
自然栽培で無肥料無農薬のかぼちゃで、初めての収穫。
考えていた以上に実がなり、本当に嬉しく思いました!!
皆様にご提供する日が楽しみです。

今年の6月から本格的に畑を作り、自然栽培を学びセミナーも開き
ご理解をいただける様に努めてきました。
私自身も、「アンチエイジングフードマイスター」の資格をとり、現在も
食と予防医学について興味は持ち続けています。

今迄知識がなかった時は全く目にも入らなかった言葉など、知らず知らずに
目に入り興味がわくものだと最近感じています。
知る事で見える事、ありますよね。

またまた、最近の米屋は新たな挑戦を始めています。
勉強会
先日は、スタッフを含めて勉強会を開きました。
少しずつの変化にお気付きの方もいらっしゃるかも知れませんね。
それも是非楽しみとして米屋へお越し下さいね。

近いうちにある取材があります。
小さな事ですが、また頑張って見ようと思っています!
後にお知らせ致します。
気温の変動が激しくて体調を崩しがちなこの頃です。
長雨の後の太陽の日差しは大変有り難いものですね。
自然栽培の作物がとても喜んでおります!!

さて、米屋の温泉ですが全館掛け流しのためオーバホールする湯量もそこそこあります。
それが、とっても勿体無くて活用できないか...と悩む日々が続いておりました。
この度、ようやくその思いが叶う時がやってきました!
熱をエネルギーに変換し空調全般を賄う事で、CO2の削減になります。

米屋では、オーガニックな環境を目指し小さな一歩を大切に進んでいます。
温泉の熱再利用は勿論、食材の安心安全、シャンプーや洗剤に至るまで改善
していく予定です。

先日、オーガニックシャンプーを採用しました。
使用感が一般のシャンプーと比較すると違和感を感じる方もいらっしゃるかも
しれませんが、出来れば日々のシャンプーも改めて使用をして欲しいと
提案も含めて取り入れております。
いかに添加物が日常的に身の回りにあるかを再認識して欲しいという、願いも込めて
皆様に受け入れて頂きたくご報告します。

自然栽培のお野菜も一部ですが、お料理の中に使用しております。
私自身も同じ野菜を食べていますが、違いを本当に感じています。
「米屋農縁」の畑からも野菜が収穫できる日が待ち遠しいものです。
秋も深まると皆様と収穫の時間もあるかと思いますので、是非ご参加
して下さい。
「ダイヤモンド婚」って知ってますか?
先日、お客様の「ダイヤモンド婚」のお祝いがありました。
ご結婚されて60周年だそうです。
凄いですね〜〜♪60年も夫婦揃ってお元気ですよ〜〜♪
ご夫妻には三人の娘さんがいて(美人三姉妹)、それぞれのご主人も
個性的で素敵な方ばかり。
娘さんご夫妻のお子様も皆さん成長されており、お子様のいるお嬢様も
いらっしゃいました。
60年前にご結婚されたご夫婦から子供が生まれ、成長してご結婚。更に
子供が生まれ、やがては立派な大人になる。その子達はまた結婚し子供が誕生する。
こんな命の繋がりを感じた日となりました。
次の世代を担う子供達に何を残すことが出来るのだろう。
今の私達大人に課せられた課題です。
安心な安全な場所はあるのだろうか。身体を作る食べ物はこれから
どうなるのだろう...。
色んなことを考えて、この日の午後は農業の打ち合わせをしました。
これからの子供達に残せる物づくりを話し合いました。

私も「ダイヤモンド婚」を元気に迎えたいとつくづく思いました。
一人では迎えられないので、相棒も元気で仲良く過ごせる事を願います。
image.jpg

ふぅ〜〜〜暑い、暑い...の言葉が連続で出てしまう。

暑〜〜い毎日、いかがお過ごしですか?

暑いとは言っても、館内はクーラーでとっても快適。
身体には良くないよ...とは言えこの暑さには耐えられない。

そんな暑い本日、スタッフで畑仕事に精を出しました。
農園管理人の指導の元、新車?新農作業車の運転を伝授。
image.jpg
なかなか動かすのは難しいそうで、力も入るしバランスも難しい...
農家の皆様、大変お疲れ様です。

米屋農縁も少しずつですが、作物も育ち楽しみがいっぱいです。
かぼちゃの実も膨らんできました。
image.jpg
大豆の花は紫色なんですね〜♪   感動です!

これからも暑い日々が続きますが、体調を整えてお過ごしください!
咲いた、咲いた〜〜♪image.jpg
自然栽培の南瓜の苗を先月に植えたら、こんなに綺麗な花を咲かせました!

昨日は2回目のセミナーでしたが、午前中にはのらぼうの種取りと小豆の種蒔きをしました。
一つずつ思いが叶って、本当に嬉しいこの頃。
近い将来、私達の作った無肥料無農薬の野菜達がお客様のお食事にお出しできるなんて!
う〜〜〜ん、頑張らなきゃ...

私にとっては、農業は初チャレンジ。
何から始めたら良いのか、右も左もわからない...
そんな私達に救世主、こんなに身近に自然栽培を成功させている人がいるなんて!!
本当に幸せだわ〜〜♪

毎回、農作業のご指導を頂いて少しづつ畑が出来てきます。
これから、作物が育ち実を結び収穫の喜びまでプログで報告をして参りますね〜〜♪